ケボウソフトウェアHOME >  新着情報  > 2012年04月

新着情報

2012年04月

住友電工情報システム「楽々FrameworkII」を使ったシステム開発サービスをスタート 【システム開発事業部より】

2012/4/1

住友電工情報システム「楽々FrameworkII」による高機能・高信頼性・高生産性を実現したシステム開発サービスをスタートしました。帳票ツールであるSVFやJasperReportsとの連携機能も実装しているため、既存の帳票資産を流用することも可能となり、開発生産性にプラスアルファのコスト削減も見込めます。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

Oracle Databaseの設計サービスをスタート 【システム開発事業部より】

2012/4/1

システム開発におけるOracle Database(オラクルデータベース)の設計はもちろん、データベース環境の構築、技術的なサポートをいたします。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

ウイングアークテクノロジーズ「Dr.SumEA」の制作サービスをスタート 【システム開発事業部より】

2012/4/1

データ活用BIツールであるDr.SumEAの制作を含む技術サポートをいたします。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

ウイングアークテクノロジーズ「SVF(帳票ツール)」の制作サービスをスタート 【システム開発事業部より】

2012/4/1

弊社では帳票ツールであるSVFの制作はもちろん、帳票サーバーのリプレイス(旧OSから新OS)によるバージョンアップ対応を含む技術サポートをいたします。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。